円高還元 甘土様専用 茶道具 人間国宝高橋敬典作 七宝銚子赤絵替蓋付 共箱 M R3907

円高還元 甘土様専用 茶道具 人間国宝高橋敬典作 七宝銚子赤絵替蓋付 共箱 M R3907

传递正能量:热心小伙舍己救人,一命胜造七级浮屠

講師としての心構え、行動原則をしっかり押さえたうえで、研修準備~終了後のフィードバックまで、進め方・テクニックのポイントを学びます。

It's like the Milky Way. Traditional crafts.

又一幅世界名画遇袭!莫奈《干草堆》遭环保人士泼土豆泥
《经济半小时》揭秘遍地“古树茶” 20191022 | CCTV财经
甘土様専用 茶道具 人間国宝高橋敬典作 七宝銚子赤絵替蓋付 共箱 M R3907
研修日数 1~3日間
適正人数 5~15名

※ 研修日数や受講者数はご相談に応じます。

GIVI ES2159 トレーサー9 TRACER9 サイドスタンドプレート>
【观复嘟嘟丁酉版】EP10 | 神秘而绝美的“瓷器之王“ | 马未都/观复猫 | 文化脱口秀 | 优酷 YOUKU

昨今、研修の内製化 (職場内にて講師を育成し、社内研修を実施) が進んでおります。
1つは、研修内容による内部講師と外部講師の使い分けがうまくできていないこと。 人に大きな影響を与える講師を育成する研修です。インストラクション研修には、“適したカリキュラムと講師”で実施されることを、強くおすすめいたします。

45%割引ブラック系大注目 【くるみ様専用】茶道具 浜松地紋 鶴首釜 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 38%割引ブラック系【おトク】 【くるみ様専用】茶道具 浜松地紋 鶴首 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 最新のデザイン 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 45%割引かわいい新作 T05973 高橋敬典 利休 釜鎖 人間国宝:真作 金属 最新のデザイン 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 45%割引ブラック系大注目 【くるみ様専用】茶道具 浜松地紋 鶴首釜 45%割引ブラック系大注目 【くるみ様専用】茶道具 浜松地紋 鶴首釜 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 45%割引かわいい新作 T05973 高橋敬典 利休 釜鎖 人間国宝:真作 金属 茶道具 高橋敬典作 真形釜、浜松地紋 人間国宝 共箱 骨董品、美術数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付 数々の賞を受賞 茶道具 人間国宝 釜師 高橋敬典作 七宝銚子 赤絵替蓋付

講師としての心構えから、資料作成、研修進行に至るまで、“すぐに活用できるスキル” を中心に、 わかりやすく指導いたします。 (1)視覚要素(身だしなみ・立ち振る舞い)
(2)聴覚要素(声の表現)、言語要素(言葉)
(3)話し方の基本チェックポイント 等

2.講師の人物像

(1)人柄・能力・インストラクターシップ 等

【演習】グループ討議・発表

  ・「よい講師」「講師の心構え」とは?

3.指導技術

1)事前分析と準備
(2)講義(レクチャー)のしかた
 ・話の構成法、表現テクニック
(3)相互コミュニケーションの取り方 
 ・質問・問いかけの使い方 等

【演習】 発声・発音練習


【演習】 個人スピーチ「自己紹介」 

 ・講師コメントで各自の「良い点・改善点」を明確にします。

4.補助具の使い方

(1)白板、ポインター、タイマー、パソコン、プロジェクター 等

5.資料の作成と扱い方

(1)レジュメ、レッスンプラン(台本)
(2)配布物(テキスト、ワークシート等)
(3)掲示物(模造紙、パワーポイント等)

6.研修の運営方法

(1)様々な演習(実習)と進行のポイント
(2)フィードバックのしかた
(3)時間管理、会場の席配置 等

2日目

1.1日目の復習

2.目標設定(シート記入)

 
【演習】 実習体験

 
【演習】 個人スピーチ「自己紹介」


3.目標達成度の確認(シート記入)

※ 1日でも実施可能ですが、研修効果を考えると、2日間のプログラムがおすすめです。


「どのような研修を企画すれば、自分たちの組織のためになるのか」
「どのような研修を実施すれば、受講者が満足するのか」
研修担当の皆様は、日々、このようなお悩みを抱えていることと存じます。 「総合教育に頼んでよかった」